エステティックサロン総合情報サイト
エステティックとは
エステサロン

日本のエステティックは、フランスの『ソワンエステティック』が根底にあります。
『ソワン』はフランス語で『soin』と書き表され、意味は「手入れ、手当て、世話、心遣い、念を入れて、注意深く」で、日本語の『気配り』と同義と考えられるでしょう。
みなさんは普段「エステ、エステ」と呼んでいますが、エステティックのことを『エステ』という略し方をするのは日本独特なようです。

また、エステティックの定義は、実用的、機能的な施術面だけでなく、カウンセリングを含めて精神的・心理的な作用も重視しています。これは、「美」の追求はすでに紀元前の古代ギリシャ時代から研究されており、この時代の考え方には宗教思想が背景にあり、人間の「心」についても哲学者の間で研究されていたことに影響されています。

エステティックの本質は、「美しくありたい」「若々しくありたい」という欲求や願望を叶え、「幸せと満足感」をもたらすことにあります。
そのため、エステティックの基本理念は一般的に健康な人に対して、「一人ひとりの異なる肌、身体、心の特徴や状態を踏まえながら、手技、化粧品、栄養補助食品および、機器、用具、等を用いて、人の心に満足と心地よさと安らぎを与えるとともに、肌や身体を健康的で美しい状態に保持、保護する行為」であって、病的な皮膚や身体の一部分を治療することではないのです。

エステティックは、『美学、審美、美意識』という意味を持ち合わせています。日頃なにげなく「美」について話したりしていると思いますが、エステティックは、日頃から「美しいものとは何か」「美しさの本質は何か」「美しさはどのようにして生まれるのか」などということを追求しています。

エステサロン