エステティックサロン総合情報サイト
エステの選びの注意点

エステティックサロンを選ぶ時にまず着目したい点は

  1. 強引な勧誘がないか
  2. スタッフの対応は良いか
  3. 十分なカウンセリングがあるか
  4. スタッフの技術力は本物か
  5. 事前にサロンで無料体験する
  6. クーリングオフ

上記の6項目があげられます。
詳しく見ていきましょう。

強引な勧誘がないか

エステの体験に行ったらその場でしつこい勧誘にあって、無理矢理契約させられそうになったり、長時間拘束されて、「今日中に契約をすれば、○割引にしますから、今ご契約いただくか今日中にお電話を下さい」と言われたり、連絡をしないと何度も電話がかかってきたりと、大手の有名エステサロンに体験に行った結果がこれでした。

体験だけしに行ったのならはっきりと断らないとしつこい勧誘に会う可能性は高いと思います。
迷ったり、曖昧な態度は絶対に取らないで下さい。そのような態度をちょっとでも見せると・・・
その場で25万くらいの契約を迫るエステサロンもあります。(実体験)しかも、その日のうちに振り込んで下さい。とのことでした。今から考えるとすごい勧誘の仕方だったなと思います。 いろいろなサロンを体験して決めるとはじめから割り切って、勧誘には応じない強い心が必要です。

最近は大分良心的なエステが増えてきて、強引な勧誘をしないエステも増えてきていますが、まだまだ体験に来たお客様相手に無理矢理契約を迫ったり、高額な商品を買わせようとする悪質なサロンも実在しています。

そのようなエステサロンは、サービス内容が手抜きだったり高い契約金だけ払わせてそのまま倒産する場合もあります。エステは長期契約で高額のサービスです。長く相手とつきあうことになるのに相手の迷惑を考えず、強引な手口で契約を迫るサロンはその時点で信用が出来るとは思えません。
そのエステサロンでも担当者によって対応は違うこともあると思いますが・・・
勧誘してよい成績が欲しいエステティシャンも多くいることでしょう。
そこはそのエステサロンの教育の仕方によると思います。

逆によいサロンとは、強引な勧誘はせず、サービス内容の説明や施術にかかる費用などの必要な情報はきちんと説明してくれて、あとの判断はお客様にゆだねるサロンが好印象だと言えるでしょう。

スタッフの対応は良いか
エステティシャン

エステサロンへはリザクゼーションを目的で通う人も多くいるのでスタッフの対応の善し悪しは重要なポイントとなります。
それを見極めるためにも体験コースで一度訪れてみるのがよいでしょう。

見極めるポイントの一つとして『電話対応』があります。
基本的にエステサロンなどのサービス業は、電話対応マニュアルが用意されているものです。きちんと教育をしているサロンでは、明るくハキハキと丁寧に受け答えをしてくれるはずです。暗かったり、ぶっきらぼうだったりするとこちらの気分も悪くなりますよね。

電話の対応でのチェックポイントは、料金設定、サービス内容を丁寧に解りやすくきちんと説明してくれるところは良心的なサロンと考えてよいでしょう。また、「店頭へお越しいただいてから説明いたします」などと、来店を強く促すようなエステサロンは要注意です。強い勧誘をされることを連想させられます。

二つ目に『体験コースへ行ってみる』
手早くスタッフの対応を知りたいのならサロンへ行ってみることが一番ですね。
ついでにサロンの雰囲気も解るのでよいかと思います。
長期契約で、ずっとつきあっていくスタッフを選ぶのは重要なことだと思います。
癒されたいから行くのに、合わないスタッフや、印象の悪いスタッフが相手じゃ高額の利用料を支払うのも嫌になりますよね。

高い買い物だからこそ、スタッフ選びは重要かと思います。
話をしていて癒されるようなスタッフに出会いたいところですよね。

体験へ行って、帰り際にしつこく勧誘をしてくるスタッフは論外です。気持ちよく帰してくれるエステサロンが好印象です。

十分なカウンセリングがあるか

肌のタイプは人それぞれです。きちんとカウンセリングを受けないとかぶれたり、エステに行ったのに余計に肌の状態が悪くなったりとトラブルにつながります。

肌のカウンセリングを受けることによって、肌のトラブルを防ぐことができます。

一人一人の肌の状態を把握して、お客様の要望を聞いて、その後の施術の方針を話合って決めるのがサロン側の義務だと思います。

もちろん体験でも肌の状態は大切なので、カウンセリングをしてから体験エステを受けるのが普通なのです。
そのカウンセリングを行わずに施術をはじめようとしたエステサロンは論外で信用できません。契約をしたとしても、勝手にコースや施術内容を決められる可能性が高いと言えるでしょう。

スタッフの技術力は本物か

最近のエステサロンでは、レーザーや光治療など最新機器を導入している所が多いのですが、基本的な施術は手作業です。

施術後の仕上がりはエステティシャンの腕に左右されるので、技術力が身に付いているかを判断することが重要です。

しかし、新人スタッフはどこのサロンにも居て、熟練スタッフばかりではありません。

では、どこでいいサロン選ばない方がいいサロンを見極めるのかというと?

慣れない手つきで施術をしている新人らしきスタッフに熟練スタッフが付き添っているのかが重要になってきます。新人スタッフを育てることはどこのサロンもしていることですが、きちんと出来るようになるまで熟練スタッフが付き添うか付き添わないかはそのサロンの方針とも取れますので、自分の施術を担当しているスタッフだけでなく、サロン全体のスタッフを見渡して判断してください。

体験であたったスタッフが、今後担当してくれるとは限りませんから!

事前にサロンで無料体験する

エステに興味があっても、エステサロンはなかなか選びにくいものです。
まずは、体験コースを利用してそのサロンの雰囲気やスタッフの態度、施術内容や詳しい料金体制の話を聞く事をお勧めします。

体験コースは1,000円程度のものから5,000円くらいの物まで様々ですが、それでも通常の値段から比べると安いものです。

一度行って、家で再検討してから契約に至るとエステサロンの選択失敗は大抵防げるはずです。帰宅して振り返って他のサロンと比較検討して、冷静な状態で選択するのが重要なことです。決して体験に行ったその場で契約をしてしまわないように注意して下さい。

クーリングオフ

エステサロン側は、契約時の料金説明をきちんと行うのはもちろんとして、解約時の説明もきちんと行うのも義務だと考えられます。解約時の説明を渋るエステサロンはちょっと契約したくないですよね。

自信があるサービスを提供しているのならば、解約時の説明は怖くないと思います。

エステの解約には、契約書交付から8日以内ならクーリングオフ制度が、それ以降でも中途解約を利用することが可能です。

エステサロン側は、クーリングオフや中途解約をするのが義務なのですが、解約をされたくがないために説明を怠るケースも多く見受けられます。きちんと説明をしないがために解約でもめるケースが非常に多く、言った言わないの水掛論に発展するケースが出て来ます。

コースメニュー、料金体系、解約についてのこの3点はきちんと説明を受けるようにしてください。むしろ説明をしないサロンは対象から外すと良いでしょう。

エステサロン