エステティックサロン総合情報サイト
ムダ毛の自己処理のデメリット

夏になると露出した服装をすることが多い上、海プールなども行きますし、暇があるとついつい自己処理をはじめてしまう人も多いでしょう。

それにやっぱり、結婚する前には永久脱毛をする人が多いですね。一緒に住むということはいつもキレイにしていないといけないわけで・・・。そこを割り切るかキレイな自分を見せたいと思うかで、やっぱりキレイな自分を見せたい人が多いから婚前に永久脱毛をする人が増えているのでしょう。

さて、自己処理の一番のデメリットは『埋没毛』が増えることです。
これはレーザーなどで永久脱毛処理をしてもなくなることはありません。埋没したまま伸びた長さで止まってしまうのです。今のところ対処方法はありません。強行手段としては無理矢理皮をめくって出すということですが、色素沈殿してしまうので余りお勧めは出来ません。ワキくらいならまだいいですけどね、ずっと腕をあげているわけでもないのでじーっと見られることも余りないと思います。ただヒザ下で埋没が多いと格好悪いですよね。

自己処理方法としては・・・

毛抜きでの処理は、毛根が無くなってしまうのでエステで脱毛してもへ効果は出ません。また、成長期の毛を無理矢理抜くので毛穴が広がったり、1個の毛穴から2本3本と毛が生えて来て毛の量が増えることもありますし、無理矢理抜くことによって、血が出たり膿んだりしてしまい、皮膚科に行って手術をしないといけなくなることもあります。

カミソリはすぐに毛が伸びて来てしまい、頻繁に肌にカミソリを当てる事になり、肌が傷つき乾燥しやすくなり、毛の生える範囲が広がってしまったり、毛が濃くなったりしてしまいますのでお勧めできません。

電気シェーバーなら、直接肌を痛めることはありませんが、持続効果がないのでまめに処理をするようにして下さい。

脱毛エステ